海外通販の魅力とは?

海外通販の魅力

バリフを購入するためには、海外から個人輸入をしなければなりません。

そこで便利なのが海外通販

一度購入するとリピートしてしまうこと間違いなしです!

そんな海外通販の魅力はどこにあるのでしょうか。

購入できるのは海外通販だけ

バリフを購入できるのは海外通販だけ

なぜバリフは海外通販でしか手に入らないのでしょうか。

それにはジェネリック医薬品と薬事法が関わってきます。

ジェネリック医薬品は先発医薬品の特許が切れた後から販売されます。

バリフの先発医薬品であるレビトラは現段階で特許が切れていないのです。

なので日本ではレビトラのジェネリック医薬品を作ることができません。

ではなぜ、レビトラジェネリックのバリフは作られているのでしょうか?

バリフを作っている製薬会社アジャンタファーマーはインドの会社です。

インドでは独自の法で特許が切れていない先発医薬品でも、ジェネリック医薬品を作ることができることになっています。

よって、インドではレビトラのジェネリック医薬品を製造・販売することができるのです。

薬事法では、国内未承認の医薬品や処方薬の販売・購入は薬局や通販ではNGとなっています。

バリフは国内未承認の薬のため、国内での販売・購入をしてはいけません。

しかし、個人が“自己の使用・消費のため”だけに海外から個人輸入を行うことはOKとされています。

なのでバリフを定められた量だけ海外から個人輸入できるのです。

楽天・AmazonはNG

通販といわれるとパッと頭に思い浮かぶのが“楽天”と“Amazon”。

断言します!楽天とAmazonでバリフは購入できません。

薬事法では、国内未承認の薬や処方薬は国内の薬局・通販から販売はできないことになっています。

日本国内からの発送はNGということです。

よって、バリフなどの薬は、海外から発送する海外通販からしか購入できません。

よく利用されるのが「個人輸入代行通販サイト」。

言語の不安もなく、国内通販と同じ要領で簡単に購入することができるんです!

通販の良いトコ・悪いトコ

海外通販のメリット・デメリット

そんな個人輸入代行通販サイトには良いトコ悪いトコがあります。

それらを確認して、通販でバリフを購入しましょう。

良いトコ 悪いトコ
●24時間いつでもどこでも注文ができる
●国内では未承認の医薬品が購入できる
●費用が抑えられる
●処方せんがいらない
●プライバシーが守られる
●商品が届くのに時間がかかる
(約1~2週間)
●なにがあってもすべて自己責任
●偽物のリスクがある
●薬の説明・アドバイスが受けられない

なんといっても一番のメリットは安く購入できるということ!

ED治療薬は病院で処方してもらうと、診察代+処方薬代で約5,000~10,000円かかります。
ジェネリック医薬品を通販で買うとなんと、薬代+送料で約3,000~4,000円しかかかりません。

費用が抑えられるとそれだけムリせず継続して治療を行えます

気をつけなければならないのはなにがあってもすべて自己責任になるということ。

商品が届かなかったり、偽物だったり、あるいは届いた薬を服用して身体に異常をきたしてもそれらはすべて自己責任になってしまいます。

便利で簡単に手に入る反面、気をつけなければならないこともあるのです。

安心・信頼のおけるサイトで購入するようにしましょう。